細胞内での糖鎖の合成制御

糖脂質や糖タンパク質の糖鎖は細胞内小器官のゴルジ体で転移酵素の連続反応により合成されますが、この過程がどのようにして制御されているのか、あるいは、いないのかが分かりません。糸口をつかむためにケミカルバイオロジーの観点から研究しています。具体的には、蛍光標識した糖脂質を探査プローブとして細胞に投入し、糖鎖部分の構造変化について蛍光検出-ナノ-液体クロマトグラフィー-質量分析法で定量分析しながら構造分析を行います。この過程はオルトゴナルな分析法、すなわち、細胞内の生化学反応には影響を与えない方法によって探査プローブの位置の変化を蛍光シグナルとして追跡します。その後、構造の解析には一定時間後の細胞から探査プローブを取り出し分離した後構造の解析を行います。位置情報、構造情報、さらに、量の情報はゴルジ体での糖鎖の変換過程解明の重要な情報となります。このような詳細な分析は、腫瘍悪性化の細胞レベルでの判定に役立つと期待できます。

その他の研究テーマ

  1. •分子レゴでナノ建築!?楽しい化学

  2. •新しい免疫賦活療法を目指す研究

  |その他の研究


社会にはいろいろな壁があります。まず、大学内で自由な研究教育が出来るようにしたいと考えています。私の研究室がそのような目標のためのインキュベータとしての機能を果たしていきたいと考えています。文化とはそのような異なるバックグラウンドを持つ人々の交流から生まれるものです。

募集

  1. •大学院生(修士課程博士課程)募集

  2. •他学部の学部生も歓迎

  3. •実験科学が好きな人歓迎

  4. •やるきのあるやつ!

News


























東海大学

先進生命科学研究所 蟹江研究室

大学院工学研究科大学院総合理工学研究科

ネットワーク

結晶

分析

気相

界面

液相

制御

生命科学

解析

タンパク質

脂質

蟹江教授について